lnformation & blog*お知らせ&ブログ

2016.02.28 (Sun)  22:00

美容液*アルガンオイル

~information~

次回のレッスンでは『美容液』を作成したいと思っています✨

ジェルとクリームを選んで作成して頂く予定です♪

 

美容にイチオシの『アルガンオイル』

他にも『ローズヒップオイル』をブレンドします。

 

ヘアケアでよく聞くアルガンオイルですが、美容効果

も抜群なんです❤

アルガンオイルはモロッコの乾燥地帯に生育する

『アルガンツリー』の実の種の核から採取されるオイ

ルで、約100kgの実からわずか1リットルしか採取で

きない希少オイルです。

現地では治療薬としても使用されていたことから

「生命の実」として大切にされているそうです。

 

アルガンオイルには保湿成分であるセラミドを作る

「オレイン酸」が豊富で、肌の保湿効果を高めてくれ

ます。

また肌の代謝を促進する「ビタミンE」も多く含まれ

ています。

この「ビタミンE」抗酸化作用に優れ、肌の細胞を

傷つける「活性酸素」から肌を守り、活性酸素の発生

を防いでくれます。

 

『そもそも肌の酸化?抗酸化作用?活性酸素ってなに?』

と思われる方もいらっしゃると思います。

肌の酸化とは簡単に言うと。。。

肌がサビる=肌老化

肌が酸化する原因が活性酸素です。

活性酸素は細胞にダメージを与える物質で、紫外線や

ストレスなどが原因で発生します。

結果シミの大きな原因となり、また潤いや弾力、コラ

ーゲンが失われ、肌の老化に繋がってしまいます。

つまり肌の酸化=老化なんです。

ですから肌の老化を抑えるには、酸化を防ぐ抗酸化作

用のあるもの、活性酸素の発生を防ぐビタミンEやカ

ロテンを含むものが効果的です。

アルガンオイル』には抗酸化作用のあるオレイン酸、ビタミンE、カロテンが豊富に含まれているの

で、美容にとても良いオイルなんです。

 

『ローズヒップオイル』もまた美容に大変優れるオイ

ルで、成分の95%が美肌成分で、ローズヒップオイルは『ビタミンCの爆弾』と言われるほどビタミンCを豊富に含み、美容効果が非常に高い希少オイルです。

コラーゲンの生成を促したり、アルガンオイル同様リ

ノール酸が豊富!

抗酸化作用のあるポリフェノールの一種であるリコピ

を含み、肌タイプ問わず使用出来ます。

※ローズヒップオイル自体 、酸化が非常に早いためアルガンオイルやホホバオイル(ホホバととても相性が良いです)と混ぜて使用することで日持ちします。

 

☆今回はシンプルな美容液クリームをご紹介します♪

2016-02-29-00-56-50_deco.jpg

*アルガンオイル&ローズヒップオイルをクリームベースにブレンド。

DSC_1315.JPG DSC_1312.JPG

DSC_1323.JPG DSC_1321.JPG

保湿力を上げるためグリセリンを入れ、よく混ぜます。

ちょっと混ざりにくいので乳化剤(ポリソルベート20)を入れました。

DSC_1325.JPG →DSC_1339.JPGポリソルベート20

2016-02-26-01-14-46_deco.jpg

エッセンシャルオイル(精油)はローズ&ラベンダー&ローズウッド&ベルガモットFCF♪

(FCFは柑橘精油の多くがもつ、日に当たる事で活性酸素を発生させてしまう“フロクマリン”という成分を排除した精油です)

※柑橘精油を塗布して5~6時間は日に当たらないよう注意してくださいね。シミを引き起こしやすくなります。

DSC_1316.JPG 

エッセンシャルオイル(精油)はキャリアオイル(アルガ

ン&ローズヒップ)に垂らしてから、クリームにブレン

ドしています。

よく混ぜたら美容液の完成❤

簡単デス(笑)

2016-02-26-01-14-05_deco.jpg 

ベタつかずのしっとり美容液❤

かなりお肌がいい感じになります✨

 (※上記レシピはRecipeからもご覧頂けます)

 

☆教室ではコエンザイムQ10、海藻コラー

ゲン、ビタミンEトコフェロールを加えて

作るちょっぴり本格的で贅沢な『アンチエイジング美容液』をご案内しま

す♪✨

 お楽しみに❤

日程は改めてupします。

2016/2/28

Today's Schedule