lnformation & blog*お知らせ&ブログ

2017.10.23 (Mon)  12:21

サンダルウッドのお話し

〜blog〜

こんにちは!台風で荒れていた夜中がウソのように晴れましたね☀️久々のお日様を浴びて、気分も晴れます!

この1ヶ月、サンダルウッド・ネロリ・ベチバーをブレンドした香りブームが止まらない私(笑)

特にサンダルウッドが大ヒット中です(^^;)

ですがサンダルウッドは乱伐により大変高価な精油となっています。たくさん使うのは勿体無くて、有り難く少しずつ香りを堪能しています。

私はアロマの勉強を始めたばかりの頃は精油植物のことを全然知らなかったので、サンダルウッドは勝手にすごい大木みたいなイメージをしていました。

今は植物オタクのように笑、植物を知ることが楽しくてたまりません♪

少し話はそれますが、サンダルウッドの前はペパーミントブームでした。ペパーミントってアロマの世界では集中力を上げたり、眠気を覚ましシャキッとさせる。。。そんな捉えが当たり前のようになってますが、私はペパーミントでぐっすり寝てました笑

どんどん広がる繁殖力の強いペパーミント。どんどん広がり新しい環境へ進んで行く転換期にとても助けになります。私も正にスクールを始める準備をしていて転換期真っ只中でした。だから毎日ペパーミントをティッシュに垂らして寝る日々がしばらく続きました。

頭脳明晰作用などと言われるペパーミントですが、私はぐっすりリラックス(笑)成分からくる作用が全て間違ってるという訳ではもちろんありません。

ですが自然は〇〇作用だけでは到底はかる事なんて出来ません。だから植物を知ることの方がずっと精油の持つ力を知ることができます。

植物を知ることでわかる精油の本質。それを人の本質と重ね合わせる事ができるのが本当に素敵で面白いのです❤︎

脱線しましたがサンダルウッドに戻ります(^^;)

サンダルウッドは大木ではなくとても細い木で、しかも中心部の芯材だけを使い精油を抽出します。

IMG_7100.GIF

しかもこんな可愛い花を咲かせます♪(画像・Wikipediaより)  大木のイメージとは全然違う、女性らしい木です。

IMG_7180.JPGサンダルウッドはインドを代表する木で樹齢30年以上。半寄生木で他の植物に寄生して栄養を貰い育つ木です。

サンダルウッドは雄株と雌株が同株で根っこを奇主に寄生させてから栄養を貰うので、人工的に栽培するのが困難なのだそうです。

今の時代はいいとわかると必要以上に乱伐してしまうのが残念です…。そして絶滅しそうになると伐採に規制をかけます。絶滅に追い込んでおきながら植物も動物も絶滅しそうになるとそれを今度は必死に守ろうとする人間…。

そうなる前に必要なだけを有り難く頂いていたら。。。絶滅することはないのにと思ってしまいます。

サンダルウッドは育つまで何十年もの月日が必要です。植物を知るとより大事に使わないといけないという気持ちになりますよね。

サンダルウッドは和名が白檀(ビャクダン)。お香のような香りで歴史もとても古いのです。防虫に優れてることからお寺などの建材などにも使われていました。瞑想でも使われ、とてもスピリチュアリティの高い精油です。

肉体と気持ちが全く噛み合っていなくて、やりたいけど肉体が動かない、そんなアンバランスを整えてくれるサンダルウッド。

答えはわかってるけど迷いがあって進めない…そんな状態にある事にサンダルウッドの香りから気付かせ貰いました。

一時期の異常なまでのサンダルウッドブームは去りましたが(笑)、でもいい香り❤︎次は何の香りブームがくるのかな〜♪

Aroma felice

2017.10.23

Today's Schedule